10ヶ月ぶりの日記

  • 2020年10月18日
  • 2020年10月21日
  • Vitality
  • 19view

1月に更新してから早10ヶ月。
だれも見てない頃にこっそり更新するのが通常運転になってきました。

今月、年1回のドメイン使用量がクレジットカードから4500円ほど引き落とされまして、なんとなーく意識の底に封印していた「ブログ」ということを思い出した次第です。

結局、サーバーレンタル費も含め、年に1万ほどはかかっているブログなので、このままなにも更新しないのはね‥
閉鎖か継続か、一応Nさんに相談したら、
「Vitalityのスタートアップガイドとして残しておいてほしいなぁー」
とのことだったので、これからは年1万の維持費をカバーできる収益化も含めてこのブログの立ち位置を考えようかなーと思っています!
この件はまた後日(笑)

1月から3月末まではとにかく仕事が忙しかった。ありがたい話ではありますが、月80時間残業をして、土日も働き、過労死基準に到達し、精神的にも体力的にも厳しかったです。

なんてったって何時になろうと家に帰れば家事があり、翌朝5時にはおきなくてはいけないわけで、お金稼げるのはありがたいけど、適度に寝かしてくれ!と毎日思ってましたね。

元々、毎年2月3月は忙しいのですが、今年はやはりIT強化というんかな。
今まで密環境で発表していた記者会見をオンラインでやろうとか、全ての資料は配布ではなくDLさせようとか、そうゆう流れを受け、通常の仕事量ではなかったですね。

コロナウイルスで自宅待機状態になっても家で仕事ができたので、やはりこの手の仕事を選んでよかったなぁと思ってはいますが、会社自体がIT専門会社ではないので、まだまだ現状は在宅勤務ができる業務の割合はごくごく少数。

今も週に2回ほど在宅勤務しつつ、それ以外はいまだに200人以上の新規感染者を出し続ける東京都内に通勤を続けています。

そして、緊急事態明けの初夏。

最愛の母が急逝しました。

このブログでも時々母の話はしてきたと思うのですが、本当にすぐ近くにいて、亡くなる数時間前も普通にLINEしていて、次の日も普通に母のLINEから始まる1日になる予定でした。

いつかはこんな日が必ず来ることはわかっていたものの、なんの心の準備もないまま迎えた「その日」だったので、非常に衝撃が大きくしばらく立ち直れずにおりました。

それでも日常は回さないといけない。家では子供もいるので泣けない。
そんな状態で、1週間後から忙しさが治らない仕事に復帰したものの、感情が戻らず朝の新宿駅で泣きたくもないのにいつの間にか涙が溢れていたり、気がつけば職場で涙が出ていたり、いつも決まった時間に目が覚めてそこから寝れない‥と、不安定な日々を過ごして、ようやく10月に入り気持ちも仕事もすこーし落ち着いたかなといった具合です。

コロナ禍で地方の親戚も呼べず、私と姉、そして孫の計6人で見送ったのですが、何もかも想像していたことあまりにも違っていて、
「もっとやってあげれることがあったのではないか」とか
「こんな見送り方で寂しがってないか」とか
そんな後悔は収まりそうにありません。

まだ10月ですがここまで振り返ってみても、今年は生活も人生もガラッと変える一年になりそうです。

状況は違くても、今年はそうゆう人、私の他にもたくさんいらっしゃるんでしょうね。

1月の日記では、母もまだ元気に生活していて、娘と旅行にいった話とか綴ってましたけど、今年は母をどこかに連れて行こうと思っていました。

こうやって叶わなくなった今、思った時に行動しなくちゃ、一生後悔することになると身をもって知りました。

まぁそんなこんなでVitalityもブログもサボっていること、正当化してるわけではないのですが、今の精神状態で前向きにVitalityを継続する意欲も体力もなさそうではあるので、日常のちょっとしたことや、今考えていることを、なるべく明るく!気分転換になるように!継続していけたらと思っております。

1月〜9月がそんな状態でしたので、一昨日、9ヶ月ぶりにレインボーブリッジ寄ってきましたよ。

ライトアップは青でした。
やはりこの景色、大好きです!!

東京は感染者数が減らないながらも、いろいろと解禁され、電車も混み出していて、去年までの日常が戻りつつあります。
なのに、なぜ母から連絡が来ないのか‥そんなことを思いながら海を見ておりました。

あ、暗くなってきた。
次に日記書くときは明るく、前向きな日記にしたいです!
今日は、私の生存報告ってな感じで。

おしまい★