共感

  • 2019年2月23日
  • 2019年2月23日
  • Vitality
  • 1view

アプリ、回復していますか?

久々にツイッターみたら、復帰しつつあるようですが、当の私はすっかり戦意喪失してしまって、同期すらしていません。

戦意喪失の原因はアプリの不調だけではないにしても、やはり成果が見えないというのはモチベーションを下げる原因にもなるんだなぁとつくづく感じています。

ツイッターではすっかりイラつかずに待てモード。

私は1週間分の同期がうまくいかないことに共感して欲しかっただけなので、1週間も待てない自分って心が狭いんだなぁと自己嫌悪になってみたり。
かといって、アプリの中の人も必死になっての結果だろうし、クレームいれたりヘルプセンターに相談の電話しても余計忙しくなるだけで、マンパワーが負の対応に向くことが前向きではないなと感じているので、じっと待つ女。

辛い。

な訳で、現実逃避して休戦しているというわけです。

共感って大事。
諭すわけでもなく、他の人はこうしてるとアドバイス欲しいわけでもなく、どうにもならないことに「わかるー」「うちもそうだよー」っていってもらえるだけでなんだか落ち着いたりするもんです。
ツイッターではそれでも前向きな方達が多く、同期できないイライラを吐き出せないダメ人間エリカさんはどこに向かうのか‥。
こうなったら海に向かって「2週間ルーレット回してないんじゃぁ!!」と叫ぶしかないですね。
趣味にストレス溜めるようになっちゃおしまいです。
自分の至らなさゆえ、すっかりやる気0モードになったのでした。

そう言えば橋で毎朝のように会う男性が2名いるので、叫んだら「俺も~!」って答えてくれるかもしれません。
どう見ても目的なく橋の下を2周している方がいるんですよ。あの朝早い時間に。
アクティブチャレンジャーとかなんじゃないかと思って。

前に調理師試験受けに行った時も、一緒に行った相手と「この道歩いてる人全員受ける人かな、倍率上がるとかあるのかな」って話をしていて、「腸炎ビブリオー!!!って叫んで振り返ったらきっと受験者だね」って笑ったことを思い出した。昔からくだらないな。私。

それはさておき、戦意喪失の原因は他にもあって、私の仕事は固定企業サイトの運営をしているのですが、一番やりとしていた担当者が1ヶ月後に急に辞めてしまうことになり、その人に予算取ってもらっていたプロジェクトは全て仮納品まで進める必要があった、それも有給消化前の10日後までに。みたいな事案が発覚したのです。

まぁ全て本納品まで進めてやりましたけど(担当の意地)

おまけに結構影響力の高い人だったので、引き継ぎや送別会、など、連日イレギュラーなことが多く、自分の生活まで手が回らなかったというわけです。
連日飲み会ということは残業もできなくて、就業中に全て終わらせる必要があったし、同時に他に担当している案件がどどっと押し寄せてきて。
なんですかね、年度末って。予算余るからウェブサイト充実させとく?みたいな。しかも月末まで日数少ないじゃないかと、どこにぶつけていいのこの怒り。
まだ忙しいのは引きずっていますが、最大の忙しい波は乗り越えたし、少しホッとしたらどっと疲れが押し寄せてきて、今日はぼけーっとしています。

その方が辞める理由は、まぁ大雑把にいうと人生の転換期を迎えたんでしょうね。
私も今年は「あの年が転換期だった」と言えるような一年にしたいので、迷惑被りながらも、刺激を受けました。

来週からはアクティブチャレンジ再開したいな。

でも、昨日、送別会だったから流石にスニーカーは‥と思って革靴で行ったけど早く会社に着いてしまったので、橋まで3キロ歩いたら盛大に靴擦れしてしまって、治るまでに相当時間がかかりそう。
アプリ不調ついでにサボりはまだまだ続きそうです。

なんだか今週はプライベートでも色々あって、思考が整理できてない感じ。その転換期についての悩みがね‥。

この思考のまとまらなさを、文章にまとめようと、先ほどから2時間ほどかけて長い日記を書いていますが、結局どうしたいの?という駄作が出来上がってしまい、さらに整理できない結果に。
ダメな時はダメなんだ。
いつかそのまとまらない件も、うまくまとめて。お伝えできたらいいな。
みなさんが望むアクティブチャレンジャー像には、はるか遠いダメ人間ですが今日も戻ったり進んだりしながら人生てくてくしています。