アクティブチャレンジApple Watch開始

  • 2018年12月2日
  • 2018年12月2日
  • Vitality
  • 11view

無事アクティブチャレンジApple Watch始まりましたー!

昨日は点灯式も見に行って、12月いいスタート切れそうです。

見に行った爬虫類展では、川上さん似のハイナントカゲモドキ に心奪われ、あの子お迎えしたい‥と悩みまくり断念。いつか家族にしたいので計画します!

さてブログに複数のハートがついてるという事は、コメントくださる優しい数人のかたや、可愛い姪っ子以外にも読んでくれてる方がいるという事で…。すでに皆様お気づきかもしれませんが、私エリカは常に色々な事をとめどなく考えています。こうなのかな、こうしたらどうなるのかな、と。

反省はあまりしないけど対策を考えるタイプです。

ボーと川のカモ眺めているように見えて、頭の中はそれなりに忙しく、今日の仕事のことから、昨日は朝からコップ2杯の水しか飲まなかった事とか、夏の虫刺されの痕はどうゆうプロセスを経て消えるのかなとか、多種多様なカテゴリーについていっぱい考えています。

今日は寒くて曇り。

歩いても歩いても太ももが痩せないのは、基礎的な筋肉がないからでは…と、ラムネを食べながらふとよぎった…。そんなんで、リワードのスポーツクラブ会員になり、足の筋肉をつけるトレーニングしたらどのくらいの出費なんだろうと調べたら、こんな文章。

「住生さんは、トレーニングをするためにコナミスポーツクラブを訪問し、60ポイントのVitalityポイントを獲得しました。また、住生さんは同じ日に10km超のランニングイベントにも参加し、所定のポイント付与申込み画面に完走証明書をアップロードし、報告を行いました。このスポーツイベントへの参加に対して、600ポイントが付与されました。その結果、住生さんがその日に獲得したポイントは、同じ日に獲得した最大のポイントであるランニングイベントに対する600ポイントとなりました。では、住生さんは、朝何を食べたでしょうか」

…ってことは、私のウォーキングイベントは22000歩の60ptより完歩証の100ptが勝って、いつもよりたったプラス40ptの100ptだったってことかー。160ptかと思っていた…

あ、ほんとだ。

心拍数や歩数とかでカウントしたとき、数値の高い方が優先されるっていうのは知ってたけど、イベント系はなぜか別枠かと思ってたよ。

なぜ、そう思っていたのかというと、私はアクティブチャレンジャーになるまで一番遠回りのルートを辿ったらしく、開始日翌日からはじめての月曜日からアクティブチャレンジが始まるようで、土曜日が開始日だった場合は2日後の月曜からアクティブチャレンジ開始らしいんだけど、私の場合、10月1日が月曜だったから、まるごと一週間待ったのはご周知のとおり。

そんな時高まる期待を抑えられず、例の身体検査アンケートみたいなのやったんだけど、このアンケートポイントがアクティブチャレンジに加算されない最初の一週間の間にやっちゃった!!と後悔した一瞬があったんです。

Nさんってば教えてくれなかったー!って。怒りのクレーム入れてやろうかとよぎった時があって。

これは…身体検査アンケートは、アクティブチャレンジが開始してからやらないと損だよ!!って後世に引き継いで…うっ!引き継いで…いかねば!と悔しさに息絶え絶えで、伝える使命感でいっぱいだったんだけど、なんて事はない別枠だった、つまり、ステータスには関係あるけど、アクティブチャレンジには無関係ということがその後わかって。

なぁぁんだ、死にかけて損した(・ε・`o)。と思った経験があったのです。( Nさんとばっちり。)

だからなんとなーく、歩数と完歩証は別枠なイメージだったんだけどなぁー。勝手な思い込みなんですけどね。

でも、私はたかが7kmの100ptだけど、友達が完走した諏訪湖マラソンは21.0975kmだから、1200pt。

そう考えたら、ちょっとおいしいかも!!だってただのアクティブチャレンジだと、どんなに歩いても走ってもマックスは60ptだもん。

ではウォーキングでマックスの2000ptを稼げるイベントって、そもそもあるのかなと思って調べたらありますね~12時間耐久50キロ、100キロ2日間みたいなやつ!

でも参加した人のブログ読んだら、ロキソニンをエナジードリンクで流し込み、完歩した後、1ヶ月は足ぱんぱんみたいな…健康とは言い難い…

でも待てよ、アクティブチャレンジ Apple Watchの毎月のマックスは1200ptだから、毎月12時間耐久みたいなのに参加すればそれだけでクリアなのでは?

と黒エリカが囁く…。

一発で稼ぎ出すと、毎週のアクティブチャレンジはクリアできないけど、どーせコーヒーSしか当たらないし。←客観的な事実をもとに論理的に導いた結論

テカテカしながら調べてみたところ、アクティブチャレンジ Apple Watchのカウントに、イベント参加による完歩証提出ポイントは入ってませんでした。

 

 

つまり、どんなにスポーツが得意な人でも、60pt×20日のルートしかないってことです。

2年後Apple Watchを24000円引きで買うためには、20日間×24ヶ月、つまり、480日の運動にかかっている、というわけです。

よく出来てるー!でも運動苦手な私には、一律ショートカット出来ないって設定は、嬉しいです。

ただ、長距離ウォーキングに慣れとけば震災の時職場から自宅まで歩いて帰ることもそんな苦じゃないのかも。実際3.11の時私は今の職場にはいなかったのですが、電車止まり、家族が心配なお父様上司達は、朝まで歩いた人もいたとか。

なので自宅から職場まで徒歩で帰ると何時間かかるかと調べてみましたら、31キロ6時間ほどでした。

6時間じゃ、Bluetoothイヤホン再生時間超えてるな…充電のこと考えると音楽なしで歩かないと行けないのか…それは結構辛いな…。

そもそも私とウォーキングに結びついてるのは確実に音楽で、音楽と景色のコラボが好きなところがあるので、出来れば一人で無心で歩きたい。(とにかくALEXANDROSの音楽は都会に合うので!)音楽があれば( 川上さんの声があれば)何キロでも歩ける気がする…。そのため毎日の通勤にも、Bluetoothイヤホンのほかにいざという時の有線イヤホン、小型モバイルバッテリーは常に持ち歩いてるんです。

いざという時のために会社にも予備モバイルバッテリーを用意してあるけど、他にも緊急時歩く時のシュミレーションした方がよさそうだな。会社用のイヤホンやもう使ってないiPod shaffleも置いとこうかな。あ、iPhone用の乾電池式の充電器も、昔困った時Kioskで買ったのあったな…。その日は急に来るだろうから、定期的にiPod shaffleの充電が切れないように、毎月5日は充電の日とか設定したらどうだろう…ただ、日にちだと覚えやすいけど週末に重なった時忘れそうだから第1月曜とかがいいかな…。あ、毎月頭の営業日にアクセス数カウントしてる仕事あるから、それに結びつけたらどうだろう…( と、考えることが別のことに流れていく )

そのうち【港区から歩いて帰ろうプロジェクト!】ってタイトルでブログアップされたら、エリカってば考えに考えた挙句、行き着くとこまでいったな…と温かい目で見守ってやってください…

で…太もも問題どーなったんだっけ?