あえて言おう、ダメアプリである、と。

私はきっと数多いユーザーの中でもVitalityを思う存分楽しんでいる部類の人間だと思う。
そして、IT業界の技術者です。
だから、Vitalityのアプリに多少不具合があっても、始まったばかりだし、とか、これから改善するし、とか、きっと今頃、技術者頑張ってるし、って、結構ながーーーーーい暖かい目で見守って来たつもりでございます。

だいたい、今の世の中無料で質のいいアプリが多すぎる。
ダイエットで紹介した「あすけん」なんかは本当によくできてるなぁと思う。
有名な家計アプリ、賃貸物件を探すSUMMO、ツムツムなどのゲーム。
スマホの画面に張り付いたアプリたちを見ても、いやぁ設計者はすごいわ。と関心するアプリが無料でありすぎて、制作費いくらかかってるんだろと毎日のように思っている‥。

そんな中、システム利用料を月額800円強取って、登場したVitalityなのだが‥。
その金額はアプリ月額利用料ではなく、このプログラムを利用する金額であって、決して有料アプリという立ち位置ではない。
そもそもそのシステム料もルーレットでスタバチケットとスムージーが出れば元取れるので、有料のアプリのくせに、と論争すること自体間違っているとは認識している。
つまり無料アプリの部類だとわたしは思っている。

それでも、それでも、あえて言おう。
ダメアプリです。

アプリの評価が誰でも見れてしまう近年、どれだけ悪評なのかは言わずもがなですが、私は強制ログアウトもないし、ポイントも2日待てば反映するので、もう解約してやる!ってなこともないですし、先にも言った通りアプリのバグについては割と他の人ほどカリカリはしていない。

でも、どうしても言いたい。

なんかバカにされている気がする。

一見充実しているかのように見えて、内容が散々なのです。
バカにされているというのは、【充実しているように見せること】をメインに設計してないですか?と疑いたくなるところ。
画面を3分割するほどの大きなボタンが縦に3つ、横にスライドして4個ほどあるけど、一番利用者がほしい情報がとても小さく、とりあえず充実しているように埋めとけ的な意思が伝わってくる。
もしくはウェブサイトにありがちな、納期が間に合わなくて、無理やり埋めた感。
日々アクティブチャレンジを行うチャレンジャーが、ストレスなく健康状態を維持できるようにサポートするアプリを目指してくれたんだなというのが全く伝わらない。
そして、今の時代、無料でそれをそつなく伝えてくるアプリがあまりにも多すぎる。
だから余計に比較してしまう。

使う人のことを考えて作ってくれているのかな、と。

あくまでも私の主観なのですが、なぜそう感じたのか、このアプリにどれだけの情報が入っているか見てみましょう。

まずログイン画面を経てホームに入ると、
横にスライドするコンテンツが縦×3、カテゴリに分けると、

1、健康状態を把握する
2、健康状態を改善する
3、特典(リワード)を楽しむ

に分かれている。
これはおそらくVitalityの3代要素であり全面に押し出したいのはわかる。
これが幹になって枝を作り発展して花を咲かせるイメージなんだよね。

さらに下のメニューが5つに分かれている。
・ホーム
・ポイント
・私の健康度
・ヘルプ
・プロフィール

私が一番頭にきているのは、

横メニューの
1、健康状態を把握する
の中身。

位置的にはウェブコンテンツだとメインビジュアルに当たる目立つ場所にあります。
定期的に最新の情報を更新していく、webサイトだと花形な場所です。

これ‥内容酷すぎませんかね?

自分がアンケート形式でぽちぽちと、「決められた選択項目」から、んーこれに近いかなと思うものを回答し、「君の健康状態は大体80点だね」みたいな評価がつく。
回答すればポイントがもらえるので楽勝楽勝と思っていたのだが、
下のメニューの「私の健康度」にその回答が保存され、なんと、アドバイスがついてくる。
例えば「乳製品が推奨範囲外です」と赤字でいかにもエラーっぽく書かれている。
詳細を見ると「推奨範囲は1日2〜3人前」とかかれてあり私は1日1人前だから、改善の余地があるとのことなのです。

いやいやアレルギー体質で乳製品食べすぎると体調悪くなるんですよ。
ストレスチェックも同様。「周囲のサポートが足りてません」的なコメント。
孤独が好きな人も社会に溶け込むのが困難な人もいる。
人に頼るなら、自分で動いた方が楽な性格の人もいる。
つまり一般的な健康食生活や幸せ対人関係と言われるものは、万人に通じてるものではないのだよ。
その上、用意された回答がなんのアドバイスにもなってない。

そして極め付け‥「免責事項」があり、以下の内容。
・この情報は医療専門家のアドバイスではないよ
・このアドバイスで投薬等を中止しないでね
・これで会員の健康に損害が及んでも責任とれないよ

じゃぁ言わなくていいよ。
こんな決められた選択肢の中で無理やり回答したことが健康状態を把握したことになるの‥?
これだけ個人情報を提供し、このウェブの花形メインビジュアルの場所に一回見れば十分な曖昧コンテンツをアプリ内に、常時掲載するって。
ない方がよっぽどマシである。

そしてなにより辛いのは、この
【1、健康状態を把握する〜私の健康度】のコンテンツがアプリ内で一番充実しているという‥
どれだけの人がこの曖昧アドバイスを望んでいるんだろう。

他のメニューを見ても、なにもアプリで常設しなくても、と思う項目ばかり。
ヘルプなんて本当にひどい。保険料割引について、も必要なし。ボタン一個つけて公式サイトに誘導でいいよ。
ユーザーが一番楽しむであろうルーレットのデザイン・特典チケットのデザインが貧相すぎる。
3大カテゴリを主張しすぎて特典(リワード)が二つも出てくるけど‥使い勝手が主軸でしょう?

そうゆうなんとなく充実してるように見せかけて重要なところが甘いのが、みんなをイラつかせているんだと思う。
「あすけん」はユーザーが日記を投稿すると他のダイエット仲間が見てお気に入りに登録できたり、仲間になってメニューを公開したり。アプリのメインは食生活の記録だけど、毎日覗きに行こうと思う工夫や、諦めないで持続するというハードルを越える要素をちりばめてくれてある。
あすけんは場所を用意しただけであって、主体は利用者。広げるも縮めるも、あなた次第っていうスタンスで、栄養士からのアドバイスもとても細かい。

バグがあるとか、開発途中なのは最初だから仕方ないよ。
特典のドリンクチケットの使用済みが残ったままなのはとっても使いづらいけど、物理的解決はそう遠くないでしょ‥。そこに答えはあるんだから。
私が言いたいのはアプリの立ち位置なんだよー。
このプログラムを利用する人が毎日何度でも見に来ようと思えるような、チャンレンジャーの目線に立って設計してほしい。
まずはしっかりとしたポイント管理!シンプルなUI!見に行こうと思えるような工夫!
そんなアプリでいてほしいと、切に願うのです。

とはいえ、私はVitalityが大好きです。
今日だってみて、ほら。

東京タワーだよ!

点灯式みたいなのやってて、アイドルグループがいました。

一人で展望台まで上っちゃって、急におかしくなった。
今まで、平日なんて木曜日のヤクルトさんがくる程度しか楽しみなくて、毎日通勤に疲れて、なんとなくモヤモヤしてたのに、たった一つのきっかけで、「私、今東京タワーの展望台メインデッキにいるよ(笑」って。
外国人やカップルに紛れて一人、上からレインボーブリッジを眺めながら、人間って変わるんだなぁって思った。

それもこれも全部Vitalityのおかげなんだ、って思う。だからこそ、もっとアクティブチャレンジしている人とお話ししてみたいなと思うし、ワクワクすることが続けばいいなと思う。
今アクティブチャレンジしている人があちこちで、バグだー設計ミスだーポイント詐欺だーと愚痴を振りまいているのが、(状況がわかるだけに)とっても悲しい。